単純梁

一端がピン、一端がローラーの2点で支えられた梁。

静定構造であり、力のつり合い式で反力、Q、N、Mの算定ができる。

関連記事

単純梁、中央集中荷重の公式とその解法

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です