応力中心距離

鉄筋コンクリート造の構造計算を用いるときのパラメータ。

引張鉄筋の中心から圧縮(コンクリート含む)の作用点までの距離のことで、梁・柱の有効せい(D)×7/8となる。記号はj。

梁・柱の有効せいとは、圧縮側構造体の外端から引張鉄筋の中心までの距離。

関連記事

かぶり厚さ過大による悪影響

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です