施工計画

施工計画

杭工事はなぜゼネコン社員の全数立ち会いが必要なのか

杭工事は建物を支持するために非常に重要な工事です。 杭によって、建物と強固な地盤(支持地盤)をつないでいます。 そんな杭工事ですが、私が施工管理者として働いてた時に比べ、現在は、杭工事の管理ポイントがかなり増えています。 今回...
施工計画

【合格しました!】溶接管理技術者(WES)の再認証審査は無勉強で臨んでOK!

以前このような記事を書きました。『溶接管理技術者(WES)の再認証審査は事前学習必要か!?』 ただ、前回の記事では、再認証審査直後に執筆したので、本当に合格できたかが不明確でした。12月になり、無事再認証試験合格通知が届きましたので...
2022.04.19
施工計画

溶接管理技術者(WES)再認証審査の事前勉強の必要性は?

先日、溶接管理技術者(WES)1級の再認証審査を受けてきました。 資格にもさまざまありますが、建築に関するもので、各協会が主催するものは3~5年程度で更新が必要になることが多いです。溶接管理技術者の資格も更新が必要で、溶接管理技術者...
2022.04.19
施工計画

溶接管理技術者再認証審査の申し込みと概要

溶接管理技術者とは、溶接技術に関する技術知識と施工及び管理に関する職務能力を持った技術者の資格です。日本溶接協会(HPはこちら)が資格認証しています。 溶接管理技術者の資格は、取得(認証)後5年が経過する前に再認証審査を受ける必要が...
2022.04.19
施工計画

監理技術者講習のオンライン講習流れ、事前学習は必要か

監理技術者は、現場管理を行う技術者に必須ともいえる資格の一つです。 今回の記事では、監理技術者登録の前に受講が必要な監理技術者講習について実際に受講した私の経験をもとに講習の流れや試験について説明していきます。また、今回はオンライン...
2022.04.19
施工計画

【2021年版】コンクリート技士、コンクリート主任技士の更新講習

コンクリート技士、コンクリート主任技士は建築・土木の分野のコンクリートに携わる技術者のための資格です。コンクリート技士、コンクリート主任技士は資格取得から5年ごと(合格した翌年から4年ごと)に更新講習が必要となります。 本記事では、...
2022.04.19
施工計画

道路切り下げ工事の申請の流れ

建設工事では、建物への入り口となる歩道を切り下げして車が入れるようにする道路加工工事があります。道路加工工事は、建物が完成してからの入り口を作るためのほか、工事中における工事車両の動線確保を目的として、施工者都合による工事が行われることが...
2022.04.19
施工計画

​​クレーン部材検査(ジブ検査)の必要性と検査項目​​

つり上げ荷重3.0t以上のタワークレーン等を設置する場合、組立後に落成検査を受ける必要があります。​​ 落成検査には、部材・構造の検査と性能検査の2つに検査項目を分けることができます。​​部材検査というと、タワークレーンのポスト(支...
2022.04.19
施工計画

JIS規定の高強度コンクリートと建築現場での高強度コンクリートの違い

今回は、コンクリート用語の中の「高強度コンクリート」について日本工業規格(JIS)とJASS5での違いを解説していきます。 コンクリートは生コンの状態で現場に納入され、硬化し、強度が発現してから材料としての性能が初めて確認できる材料...
2022.04.19
施工計画

SD295とSD295Aの違いと現場での対応

SD295、SD295Aとは、異形鉄筋の鋼材種の規格の一つです。以前は、SD295Aとして表記されていましたが、2020年のJIS改正により名称の変更と一部既定の追加が行われました。 今回は、SD295とSD295Aの違いについてJ...
2022.04.19
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました