落成検査

施工計画

​​クレーン部材検査(ジブ検査)の必要性と検査項目​​

つり上げ荷重3.0t以上のタワークレーン等を設置する場合、組立後に落成検査を受ける必要があります。​​ 落成検査には、部材・構造の検査と性能検査の2つに検査項目を分けることができます。​​部材検査というと、タワークレーンのポスト(支...
2022.04.19
施工計画

クレーンの設置届提出から落成検査までの流れ

建設工事では、工事を進めるうえで諸官庁に対して様々な打ち合わせや書類の提出が必要になります。今回は、その一つである「つり上げ荷重3t以上のクレーンの設置工事」に当たり労働基準監督署に提出が必要な設置届と設置後に実施する落成検査までの一連の...
2022.04.19
施工計画

クレーンの落成検査ってなに?

建設工事において、タワークレーン等の組立を行う場合、落成検査を受けることが求められる場合があります。ここでは、「落成検査とは?」、「落成検査が必要なクレーン?」、「落成検査の一連の流れ」を紹介していきます。いざ、落成検査が必要となったとき...
2022.04.19
施工計画

設置届が必要なクレーンと関係法令の確認

建設工事において、監督署への工事計画などを事前に届け出が必要な工事があります。建設工事計画届や機械等設置届が代表的なものです。 今回は、機械等設置届の一つである「つり上げ荷重3t以上のクレーンの設置」に必要な設置届と落成検査について...
2022.04.19
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました