鉄筋

施工計画

SD295とSD490の違い

SD295とSD490はともに異形鉄筋の規格による種別です。その違いは、記載の通り295と490という数値に違いがあります。 295と490がそれぞれ何を表しているのか、また、SD295とSD490で現場管理でのポイントおよび採用場...
建築辞典

SD295Bとは?使う場面はある?異形鉄筋の鋼種を徹底解説!

建設工事において、代表的な建材の一つである鉄筋(異形鉄筋)。異形鉄筋はJIS規格において強度や組成などから様々な名称に分かれています。 そんな中から今回はSD295Bについて紹介していきます。 SD295B聞いたことはあるけど...
2022.04.18
建築辞典

SD295Aとは?SD295とは何が違うか。異形鉄筋の鋼種の違いを解説!

建設工事において、代表的な建材の一つである鉄筋(異形鉄筋)。異形鉄筋はJIS規格において強度や組成などから様々な名称に分かれています。 そんな中から今回はSD295Aについて紹介していきます。また、最近JIS規格が改正され、SD29...
2022.04.18
施工計画

SD295とSD295Aの違いと現場での対応

SD295、SD295Aとは、異形鉄筋の鋼材種の規格の一つです。以前は、SD295Aとして表記されていましたが、2020年のJIS改正により名称の変更と一部既定の追加が行われました。 今回は、SD295とSD295Aの違いについてJ...
2022.04.19
建築辞典

SD345とは?異形棒鋼(異形鉄筋)の鋼種の違いを解説

鉄筋には、SD295、SD345、SD390といったといった種類があります。今回は、SD345に絞り、その種類と機械的特性や建築において用いられる用途を説明していきます。 SD345とは SD345とは、異形棒鋼のJIS規格の...
2022.04.19
施工計画

鉄筋コンクリートの比重・密度2.4~2.5t/㎥の根拠を探ってみる

鉄筋コンクリートの比重・密度を知っているでしょうか。建設工事において、日々のクレーンの手配や型枠支保工の強度計算をしたり、プレキャスト部材の設計・施工計画をするときなどに重さ・比重という要素が重要になります。 表題にある鉄筋コンクリ...
2022.04.19
施工計画

かぶり厚さの規定

かぶり厚さは建築基準法施行令、公共建築工事標準仕様書、JASS5などにその数値が規定されています。 それぞれのかぶり厚さはどう違って、実際にどの値を採用すればいいのでしょうか。それぞれのかぶり厚さを整理しましたので、かぶり厚さを理解し...
2021.02.06
構造計算

鉄筋量算出エクセルシート

こんにちは、本日は業務効率化のために作成したスラブの鉄筋量(鉄筋比)算定のためのエクセルシートを公開します。 1.鉄筋量(鉄筋比)とは まず、鉄筋量(鉄筋比)とは、から話していきます。「そんなことわかってるよ。」という人は、こ...
2022.04.19
施工計画

スラブ筋の配筋間違いはどのくらい強度に影響するか

こんにちは。 今回は、実際に現場から質問のあった事項を元に鉄筋の簡単な強度計算を行なっていきたいと思います。 1.はじめに 現場からどのような不具合があり、相談が来たのかを簡単に説明しておきます。 ざっくり言うと スラブ鉄筋のx...
2021.02.06
施工計画

かぶり厚さ過大による悪影響

前回、「かぶり厚さ不足は法違反」といわれるが、なぜ、かぶり厚さ不足は問題なのかについて投稿しました。 投稿記事はこちらより↓ そして、今回は逆にかぶり厚さ課題による悪影響を説明していきたいと思います。 ...
2022.04.19
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました